暮らしを支える

お客様第一主義、常に地域・時代のニーズに応えるサービスを

沼津市、伊豆市、伊豆の国市の静岡県東部で、高齢者・障害者・児童・生活保護のさまざまな福祉サービスを展開しています。
昭和51年の設立当初から、在宅福祉サービスを基本に、地域福祉の推進拠点を目指して事業を推進してきました。

地域のために。

その志はぶれることなく、必要性を感じれば前例にこだわらず新たな事業・サービスを創出しています。

昭和の時代から、在宅福祉サービスに力を入れてきました。

春風会は、「地域社会の高齢者を看取る」という創業者の崇高な志からスタートしています。その象徴的な事例が、昭和52年の特別養護老人ホーム「あしたかホーム」開設と同時に、在宅福祉サービスを開始したこと。ご本人が満足できる終末期を過ごすために、また要介護者を抱える家族を支えるために、どうしても必要なサービスだと考え、施設の職員が各家庭を訪問することにしたのです。もちろん、当時まだ他に例のなかった事業で、私たちが独自に企画し、推進していきました。在宅を基本に、状況によって施設を利用していただくという考え方は、現在も受け継がれ、事業比率は在宅と施設で6:4という、業界でも珍しい構成比です。

前例にとらわれず、真に必要な事業を創り出していきます。

地域のニーズがあれば、新たな事業・サービスの実現に積極的に取り組むのが、春風会の特徴です。開設当時、認知症の高齢者を受け入れる特養はほとんどなかったのですが、私たちはいち早く実施し、介護技術の確立に努めてきました。県内に1か所だけ設けることになった研修拠点に「あしたかホーム」が選ばれたのも、先駆的な役割を果たしてきたからでしょう。障害者福祉事業はご家族の会から要請を受けて、また、伊豆地域での事業は自治体からの要請を受けて、それぞれスタートしています。地域社会の役に立つことこそが、社会福祉法人である私たちの存在意義。必要と感じた事業は、私たちから自治体へ提案することもあります。

お問合せ