春風会について

一般事業主行動計画(第4次)

職員のワーク・ライフ・バランスを推進し、職員一人ひとりが働きやすい環境を整えるため次の通り行動計画を策定する。
女性が出産後も能力発揮・キャリア形成できるよう、また女性が管理職として活躍できるよう、次のように行動計画を策定する。

計画期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日
一般事業主行動計画策定・変更届
(次世代法・女性活躍推進法 一体)
ダウンロード

内  容

目標1 期間中の男性職員の育児休業取得者1名以上を目指す。

(対策) ・職員会議を通じて制度の周知を徹底する。
・個人面接時に意向を確認する。

目標2 子育て期の職員に対する子育て助成制度導入を検討する。

(対策) ・効果的な助成制度について職員から意見を聴取する。
・法人福利厚生部会で検討する。

目標3 退職した職員を1名以上再雇用する。

(対策) ・退職者に対し登録制度の積極的活用を促す。
・登録者に法人広報誌等を送付し、近況を提供する。

目標4 有給休暇の取得日数を1人平均2日以上増やす。

(対策) ・施設、部門ごとの取得日数の統計を公表する。
・勤務表作成時に計画的に有給を配置するよう勧める。

目標5 子供参観日の設定を検討する。

(対策) ・夏休み等長期の子どもの休みに施設訪問日を設定する。
・お年寄り等利用者と子どもが接する機会を設ける。

目標6 インターンシップを積極的に導入する。

(対策) ・受入れ可能な部門の体制を作る。
・学校、福祉人材センター、ハローワーク等関係機関と連携し、情報を提供する。

目標7 70歳まで働ける職場環境を整備する。

(対策) ・継続雇用を70歳までとする。
・高齢でも働ける仕事内容を精査する。

女性の活躍に関する取組内容 ダウンロード